訪問看護の特徴

「患者」ではなく「利用者」

同じ人でも病院では「患者」、訪問看護を受ける在宅では「利用者」です。

これは単なる言葉の違いだけではなく、関係性の違いを意味しています。

「患者」は検査や治療目的で病院の規則に従い入院し、看護師のサポートを得ます。

しかし「利用者」は住み慣れた家で快適に暮らすために看護師のサポートを得ています。

つまり目的が異なるのです。

在宅で出来る限り利用者や家族の希望をかなえる方向で寄り添う、
そのための専門的な提案をする、そうした姿勢こそが訪問看護の基本
です。

最終決定権は利用者や家族の意見にあることをしっかりと心におき、
生活を尊重した関わりが大切と言えるでしょう。

 

 


求められるアセスメント能力

訪問看護の役割といえば、ケアや処置のイメージが大きいですよね。

しかし実は大きな役割がもうひとつあり、それが「危険の予測と回避」です。

生活を基盤とし医療者との関わりが少ない利用者にとって、
訪問看護の時間は貴重な医 療者との時間となります。

その時間において看護師が専門知識と技術を活用し、的確なアセスメントで危険を予測し
回避していくことこそが、在宅医療でとても重要なポイントとなっています。

ここで訪問看護師にとくに求められているのが、
フィジカルアセスメント(身体診査技術)です。

病院には多くの検査機器がありますが、在宅にはありません。

そこで問診、視診、触診、打診、聴診により利用者の状態をとらえアセスメントを行い、
異常の早期発見につなげようというものです。

早期発見に努めることで危険を回避したり、早期受診に繋げることが可能です。

これこそが訪問看護婦に大きく期待されているもののひとつであり、
時給が高くなっている要素とされています。

 

 

在宅医療チームの一員

訪問看護はひとりで利用者のお宅を回る仕事です。

所属するステーションも地域ごとに分割されています。
規模も病院ほど大きくありませんし、一見すると孤立した職場
仕事のように感じるかもしれませんね。

しかし、訪問看護は決して孤立した職場ではありません。

むしろ他機関で働く看護師に比べ、より多くの機関や職種との連携を要する職場です。

利用者に一貫した在宅ケアを行うために多くの関係者との情報交換を要するからです。

病院や掛かり付けの診療所の医師や看護師、デイケアなどの福祉施設のヘルパーや
OT・PT・ST、保健所の保健師などがその在宅医療チームの一員です。

利用者がよりよい療養生活を送れるよう、お互いの専門性を尊重して関わることも
大事な訪問看護師の役割のひとつ
と言えるでしょう。 

 


訪問看護で働く エントリー一覧

 

転職サイトNo.1
ナース人材バンク
ナース人材バンク

コンサルティング型、非公開求人多数、利用無料丁寧な対応が人気。
年間紹介数No.1

ナース人材バンク公式サイト

転職サイトNo.2
看護のお仕事
看護のお仕事

コンサルティング型、非公開求人多数、利用無料
サポート力に定評あり。
転職支援金最大5万円

看護のお仕事公式サイト

転職サイトNo.3
ナースフル
ナースフル

コンサルティング型、非公開求人多数、 利用無料、寮完備、託児所ありなど
高給.高待遇案件多数

ナースフル公式サイト