看護師 訪問看護に向いている人

看護師の転職&給与白書 TOP >訪問看護にはこんな人が向いている@

訪問看護にはこんな人が向いている@

 

1.アセスメントによる看護展開が好きな人

訪問看護は、看護師がひとりで利用者のお宅を訪ね、
状況をアセスメントしてケアや処置を進めます。

つまり、アセスメントを常に求められるのです。

ですから、情報からアセスメントし予測を立てて動く看護が好だったり
得意な人には大きな遣り甲斐になるのではないでしょうか。

訪問看護師は利用者にとって頼りになる医療者の一員です。

的確なアセスメントによる危険回避や早期発見ができることで、
利用者により喜ばれ必要とされる人材になることができます。

 

 

2.継続的な看護がしたい、退院後の患者さんの生活が気になる人

入院期間中の関わりだけでは物足りない気がする人、
退院後の在宅で患者さんがどう過ごしているのかが
気掛かりになるという人はいませんか?

もしかすると、そうした人はより継続的に患者さんの経過を看たいのかもしれません。

そんな人にも訪問看護はぴったりです。

訪問看護の舞台は在宅、つまり継続的な生活のサポートこそが仕事です。

病棟や外来とは大きく違い、本当の意味で
継続的にひとりの利用者を看ていくことができます。

じっくりと経過をおって看護できるというのは遣り甲斐も大きいものですし、
ターミナルに立ち会う場合はまさに最期まで看護に携わることができます。
継続的な看護、患者さんの家での様子が気になるならば、
ぜひ訪問看護の世界をのぞいてみてください。

 

 

3.第一印象が良いと言われる人

利用者のお宅にお邪魔するという立場ですから、第一印象が大切な職種です。

笑顔できちんと挨拶ができる、最低限の礼儀をわきまえた会話や行動ができる、
空気が読める・・・そんな人は訪問看護に向いています。

利用者や家族にとって訪問看護師は信頼関係が築けるまで少なからず他人です。

他人を家にあげ、さらに大切な家族の医療サービスを任せるのですから、
やはり医療者である前にきちんとした人であることを利用者や家族はのぞみます。

笑顔できちんと対応できる看護師は相手に大きな信頼と安心感を与えるものです。
第一印象が良いと言われることが多い人は訪問看護に適性があると言えます。

 

 

4.マンツーマンでの会話、コミュニケーションが得意な人

病院と違い訪問看護では利用者と看護師がマンツーマンとなります。
家族がいる場合も多いですが、1人もしくは1家族が対象という意味では
病院とは大きく違いますよね。

そうなると大きく変わってくるのがコミュニケーションです。

マンツーマンで信頼が築ければ、当然ながら量も質も変わります。

ですから人が苦手、コミュニケーションが苦手という場合は
訪問看護に向かないかもしれません。

逆に人が好き、コミュニケーションが好きという人には適していると言えます。

他職種とも関わることが多い訪問看護師ですから、
コミュニケーション能力はスムーズなチーム医療にも多いに活かすことができます。



訪問看護で働く エントリー一覧

 

転職サイトNo.1
ナース人材バンク
ナース人材バンク

コンサルティング型、非公開求人多数、利用無料丁寧な対応が人気。
年間紹介数No.1

ナース人材バンク公式サイト

転職サイトNo.2
看護のお仕事
看護のお仕事

コンサルティング型、非公開求人多数、利用無料
サポート力に定評あり。
転職支援金最大5万円

看護のお仕事公式サイト

転職サイトNo.3
ナースフル
ナースフル

コンサルティング型、非公開求人多数、 利用無料、寮完備、託児所ありなど
高給.高待遇案件多数

ナースフル公式サイト