看護師 訪問看護に向いている人

看護師の転職&給与白書 TOP >訪問看護にはこんな人が向いているA

訪問看護にはこんな人が向いているA

1.「人が好き」という人

訪問看護は日常にお邪魔しますから、当然のことながら家庭の事情も見えてきます。

時には利用者や家族の夫婦喧嘩、親子喧嘩、嫁姑の争いに出くわした
などというケースも少なくありません。

こうしたハプニングに出会った時にどう感じるかでも適性は分かると思います。

人間ドラマを感じて自分を顧みるという人は「人が好き」なのでしょうね、
こうした家族背景などをアセスメントして訪問看護に活かす適性があるでしょう。

なるべくなら面倒な家族のいざこざには出会いたくない、
そんな風に思うならば訪問看護は難しいかもしれません。

在宅療養はまさに人間ドラマ、いつも上手く事が進み不安のない楽しい毎日
という利用者はほとんどいません。

だからこそ人が好きで嬉しさも苦しさも理解できる「人が好き」な人は向いているのです。

人が好き、ひとりの利用者の人生を尊重して看護をしていきたい、
そんな人には訪問看護で遣り甲斐を見つけられるかもしれません。

 

 

2.柔軟な考え方ができる、聞き上手、
  相手の考えに合わせることが得意な人

訪問看護では利用者と家族の意志を尊重することが大切です。

そのためには相手の立場を十分に察して認めることができる人も適しています。

病棟ではルールが決まっているケアや処置の方法ですが、
それぞれの事情がある在宅医療では「こうでなければいけない」は通用しません。

それぞれの家庭で用意できるもので工夫していくという姿勢が必要です。

例えば点滴スタンドはハンガーや電灯の紐で代用、
洗髪や陰洗ボトルはペットボトルの蓋に穴を開けて代用
などは一般的にされている応用のようですが、
こうした柔軟な対応が在宅医療ではより求められる要素です。

もし臨床しか経験がなく頭の中がルールでいっぱいでも徐々に慣れることは出来ます。

そうした意味では、聞き上手、相手の考えに合わせることが得意、
臨機応変に対応できるという人は訪問看護に向いていると言えるのではないでしょうか。

 

 

3.短時間で働きたい人

訪問時間という形で時間に区分がある訪問看護は、2〜3時間という勤務も可能です。

短い場合は30分未満という単位での訪問がありますから、
2時間でも3件ほどは回ることができます。

訪問=移動を伴う仕事ですから、マンパワーはより必要です。

そのため短時間パートでの求人も多く出ています。
時給が高めに設定されている訪問看護ですから、
短時間でも意外に多くの収入が得られると人気のようです。


 

4.ブランクがある人

訪問看護の業務内容は、基本的に臨床経験があれば問題のない内容です。

ブランクがある場合、初めて訪問看護を経験する場合には
フォローナースがつくことが殆どですし、
1人の利用者を相手にゆっくりと感を取り戻すことが出来るでしょう。

復帰の場が病棟の場合は大勢の患者を把握するのも難しいですし、
忙しい外来で追われるように対応するのも自信がない、
そんな人はぜひブランクからの復帰として訪問看護も検討してみてください。

 

 

5.長く勤められる最後の看護を探している人

病棟でバリバリ働き続けるのも素敵な看護ですよね。

でも体力も続かないし、そろそろ落ち着いた看護がしたいな・・・
定年を迎えるまで経験を活かしながら長く続けられる看護はないかしら・・・
そんな風に考えている人にはぜひ訪問看護をお勧めします。

看護の道を選んでいるということは、きっと命や人生を見つめる心が強くあったから。

そうした意味でも在宅医療、住み慣れた家でのターミナルや看取りは
きっと遣り甲斐のある看護となるでしょう。

看護だけでなく人生の糧となるのも訪問看護の大きな魅力ですよね。

 

 


訪問看護で働く エントリー一覧

 

転職サイトNo.1
ナース人材バンク
ナース人材バンク

コンサルティング型、非公開求人多数、利用無料丁寧な対応が人気。
年間紹介数No.1

ナース人材バンク公式サイト

転職サイトNo.2
看護のお仕事
看護のお仕事

コンサルティング型、非公開求人多数、利用無料
サポート力に定評あり。
転職支援金最大5万円

看護のお仕事公式サイト

転職サイトNo.3
ナースフル
ナースフル

コンサルティング型、非公開求人多数、 利用無料、寮完備、託児所ありなど
高給.高待遇案件多数

ナースフル公式サイト