企業看護師と病院看護師の待遇の差

看護師の転職&給与白書 TOP > 企業看護師と病院看護師の待遇の差

企業勤務の形態

企業に勤務すると一口に言っても様々な形態があります。
産業看護師として就職し企業内での保健師のような仕事をこなす、
というのがぱっと思い浮かぶ形態かもしれませんね。

しかし企業での働き方はそれにとどまりません。

 

代表的な企業内での働き方を紹介してみましょう。

 ・治験モニタリング担当者(CRA)
 治験の実施状況をモニタリングする業務を行う。 
 ・治験コーディネータ(CRC)、
 ・治験が安全に行われるような仕事をする。
 ・クリニカルスペシャリスト
 ・医療機器の営業を行う。

 

以上のような仕事は看護師の一般的な業務とはかけ離れていますが、
看護師ならではの経験や知識が要求され、重宝される職でもあるのです。
専門的な人材が求められていますから、需要もある職業です。

なお一般企業がパートとして看護師を募集していることは少ないようです。
産業看護師の場合には時給換算すると一般看護師より高い収入が得られます。


 

企業勤務と病院勤務のメリット・デメリット

病院に勤務する一般の看護師は、結婚退職した後、
再就職するという形態が一般になっています。

このような事情から再就職する際に困ることはありません。
これに対して企業では、退職したらなかなか復帰できません。

 

また業務の内容からも予測が付くと思いますが、
企業に勤務していると患者と接する機会が激減します。
患者と接してケアすることこそ看護師の役目と思っている方には、
企業勤務はお勧めできません。

 

しかし企業勤務の最大の魅力は、勤務が通常の会社員と同じということです。
夜勤は一般にありませんし、週休2日が保証されているところがほとんどです。

 

企業勤務と病院勤務の年収の差

病院勤務の給与平均は、看護師の給与平均とほぼ同じと考えてもらってかまいません。

これに対して、企業の給与平均は会社によるとしか言いようがありません。
その企業が一般の会社員に与えている給与とほぼ同じ額が、
企業看護師の給与となります。

中途の場合でも経験年数に応じて相当額が保証されているとも限りません。
しかし優良企業に入ることができれば、一般の病院勤務では得ることができないような
収入を得ることも可能なのが企業勤務の魅力です。

 

そこで企業に勤務する際には良い企業に入ることが大事です。
病院業界と一般企業での就職活動の作法は全く違いますから、
今までの感覚で転職活動をしてはいけません。
転職サイトに登録をして専門家からアドバイスを受けることをお勧めします。

好条件の求人情報を得る為には、1社だけでなく2〜3社登録するのがポイントです。


良い転職支援サイトBest3へ登録する
転職サイトNo.1
ナース人材バンク
ナース人材バンク

コンサルティング型、非公開求人多数、利用無料丁寧な対応が人気。
年間紹介数No.1

ナース人材バンク公式サイト

転職サイトNo.2
看護のお仕事
看護のお仕事

コンサルティング型、非公開求人多数、利用無料
サポート力に定評あり。
転職支援金最大5万円

看護のお仕事公式サイト

転職サイトNo.3
ナースフル
ナースフル

コンサルティング型、非公開求人多数、 利用無料、寮完備、託児所ありなど
高給.高待遇案件多数

ナースフル公式サイト